鍛造ペグにぴったりな蚊取り線香スタンドを自作した

Sat, Aug 8, 2020 1-minute read

我が家の趣味はキャンプです。そのキャンプの時間を楽しく過ごすには、害虫対策が欠かせません。

そこで今回は、鍛造ペグに磁石でくっつけるタイプの自作蚊取り線香スタンドをご紹介します。

材料

だいたい近所のシマホで揃えてきました。

作り方

…といっても見た通り組み上げていくだけです。

L型金具にトラスねじとスペーサーを固定する

L型金具の短辺に裏側からトラスねじを通し、表側はワッシャー(トラスねじ付属)→スペーサー→ナット(トラスねじ付属)の順に入れていきます。

緩み止めとして、ナットが止まるあたりにねじロックを塗ってから締め付けました。スプリングワッシャを使ってもよいですし、しっかり締め付けるだけでもそれほど問題はありません。

L型金具にマグネットを固定する

L型金具の長辺に両面テープでマグネットを固定します。耐久性は使ってみないと…だけど、このテープには個人的にいろいろ実績があるし、マグネットによる吸着力もあるのでこれでいいことにしました。

トラスねじにワッシャーと蝶ナットをセットする

短辺から突き出たトラスねじにM6x22mmというちょっと大きめのワッシャーを2枚通し、蝶ナットも軽く締めます。このワッシャーの間に蚊取り線香を挟んで固定します。

できあがり

大きめのワッシャー2枚の間に蚊取り線香をはさみ、蝶ナットで適度に締めたらできあがりです。マグネットで鍛造ペグの頭にくっつけます。


冒頭の写真通り、キャンプの定番パワー森林香でも、一般的な緑のやつでも同じように固定できました。

現地では適当な場所にペグを垂直に打ち、蚊取り線香をセットしたホルダーをマグネットでくっつけるだけです。

キャンプイキタイ

長い梅雨とコロナ禍のせいでなかなか行けませんでしたが、よーやっとキャンプシーズンの到来です。感染対策は十分にとりつつ、貴重な夏を楽しんでいきたい所存です。