2020年買ってよかったもの

Wed, Dec 30, 2020 1-minute read

2020年もあとわずか。なにやら流行ってるようなので、のっかって「今年買ってよかったもの」を挙げてみます。

在宅勤務編

まずはなんといっても在宅勤務グッズ。コロナ禍の影響で、今年はほぼまるっと在宅で仕事をしてきました。自宅で仕事をする環境を整えるためにいろいろグッズを試したなかで、特によかったものを紹介します。

SONY WH-1000XM4

自宅の隣で工事が始まってしまい、騒音によるストレスが高まってきました。これはそろそろノイキャンを…と思っていた矢先にAirPods Maxが発表されたので、これはいい機会…と見に行く→値段にひるむ→SONYをレコメンドされる、という流れでポチってしまいました。

じつはノイキャンのデバイスは初めてだったのですが、ほんとに周囲の騒音がフッと消えるのにびっくり仰天。ノイキャンを有効にしてうっすら音楽を流すと、工事の騒音はもちろん、エアコンの送風音や踏切の警報音もまったく気にならなくなりました。自分のキータイプ音もかなり軽減されてしまい、ヘッドセットを外すと「うるせーな」という気分にすらなります。

これのおかげでAWS認定(SAA)の勉強も捗ったし、黙って集中するタスクを行うときの生産性をグッとあげてくれました。

AfterShockz OpenComm

こっちは骨伝導イヤホン + ノイズキャンセリングマイク、というヘッドセットです。

仕事柄ミーティングは多めで、ずっとJabra SPEAK 410を使っていました。これはこれで優秀なデバイスなのですが、前述の工事で騒音が気になる→スピーカーの音量を上げ気味になる→喋る声も大きくなりがち→喉が疲れる、という悪循環に陥ってしまいました。耳の遠いおじいちゃんと同じですね。

耳を塞がずに適切な音量で聞き取れるので、喋る声も適切で済むようになりました。バッテリーのもちが非常によくて、朝からミーティングが続いてもそのまま完走できるのもメリットです。

タスクの種類によってノイキャンヘッドホンと使い分けることで、だいぶ捗るようになりました。

FLEXISPOT E7

年末最後にたどり着いた、在宅勤務の最終形態です。このために既存のデスクを全部バラし、棚を2つ処分し、電動で昇降するデスクを導入しました。

立って作業をすることのメリットは各所で語られていますが、電動昇降デスクのもうひとつのメリットは、座りポジションの高さを変えられることでした。

既存のデスク + キーボードでは、椅子の高さを最適にすると足が浮いてしまい、フットレストを併用していました。つまり、高すぎるんですね。その高さを下げて、フットレストなしでも足がつくようにすることで、座った状態での負担を軽減することができました。

また、天板を高くすることで天板裏のケーブルをメンテナンスしやすくなる、というメリットもありました。

キャンプ編

今年は結局3回キャンプに行きました。だいたいギアは揃ってきたのですが、それでもよりよいものを導入することで快適度があがります。

ユニフレーム fanマルチロースター

我が家ではキャンプに行くと、朝食にトーストを焼く機会があります。炭火や焚き火を熾さないときはバーナーで炙るというワイルドな調理を行っていたのですが、いかんせんおいしいとは言い難い。そんな課題を何年も抱えていたのですが、このロースターを導入したら朝のトーストライフが一転しました。なぜもっと早く買わなかったのか。

シングルバーナーとの組み合わせで、朝食の準備も手早く行えるようになりました。

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

その朝食を用意するときなんかに、バーナーがあると便利です。いままではユニフレームのツインバーナーを使っていたのですが、荷物を小さくするためにシングルバーナーを導入しました。

CB缶で手軽に使えて、付属のケースがしっかりしてるので雑に荷物に放り込める。前述のロースターともぴったりで、使い勝手は上々です。

ボンベの保護のために遮熱版もつけてみました。ダッチオーブンやスキレットなど高温になる器具を使うときには安心…ですが、あんまりそんな機会ないのでした。

テキーラテーブル

鉄でできたネットと脚のセットで、そのまま焚き火にかけられる、というハードなテーブルです。上で調理をするときもあんまり気を使わなくていいので、雑に扱えるラクさが手に入りました。

ワンバイ材で拡張もできるので、もう少し使い方をアレンジしたいなー…と思ってる間にキャンプシーズンが終わってしまいました。また来年。

日常生活編

日常生活でよかったものも紹介します。

Apple Watch Series 6

いままで頑なにApple Watchを買わずにWear OSやHuamiを使ってたのですが、タッチスクリーンに不具合があったり(認識済みですごめんね、って言われた)、リンク切れたらファクトリーリセットが必要だったり、およそロクな経験をしてきませんでした。

何度目かのファクトリーリセットをしてる(…のでめっちゃイライラしてる)ときに、Sereies 6の発表があって、発売日に (PRODUCT)RED が出るとのこと。ついうっかりポチっと…。

今のところたいした使い方をしてるわけじゃないですが、散歩をログってくれるし、「そろそろ立ったら?」って警告してくれるし、なかなかかわいいやつです。

隙間掃除シリーズ・ヘラ

無印良品の掃除グッズです。単なるプラスティックのヘラなのですが、これがまた有用なやつで。本来の掃除はもちろん、およそ爪を道具として使う作業を全部、爪より性能よく肩代わりしてくれます。

特にシールはがしには効果絶大で、スプレーを吹きかけた後の処置を手早く綺麗に行うことができます。

すっかり気に入ってしまい、数本購入してキッチンはもちろんデスクや工具箱など各所に配備してしまいました。

3dインナーマスクひんやりマスクブラケット

ラストは「マスクの骨」。今やどこに行くにもマスク着用は必須になってしまいましたが、やっぱりなんとなく息苦しかったりします。これをマスクの内側に入れておくと、マスクの素材が直接鼻や口にくっつかないので、呼吸も楽になるし接触による不快感も軽減してくれます。

ということで

今年は飲みに行く回数が激減した結果、その分をいろいろ購入する方に回してしまいました。

2021年はどんな年になるのかな。すっかり元通りにはならないでしょうが、少しでも楽にやっていけるよういろいろ工夫したいところです。