壱六家 / ねぎチャーシュー麺

Sun, Jul 12, 2009 1-minute read

私がiPhone 3GSを買ったところ、どうもヨメが興味を示す。「ソフトバンク同士なら料金がほげほげ…」などと言っているが、単にうらやましいだけらしい。

ヨメの端末はSO902iというかなり古いもので、バッテリもずいぶんヘタっている。機種変するにはいい機会だし、MNP使うと商品券もらえるキャンペーンやってるし、いいじゃん変えちゃえば?と煽ったら見事乗ってきた。

16GBホワイトの在庫をソフトバンクショップに電話して探すと、最寄の雪谷大塚にも蒲田にもないが大森にはある、とのこと。ちょうど大森にはドコモショップもあるので、解約→MNPが同じ駅でできる。じゃあ行くか。

前置きが長くなったが、無職期間の最終日に大森でラーメンを食べたのにはこんないきさつがあった。

生ビール(¥280)
生ビール(¥280)

ちょっと行列していて帰りたくなるが、数分で入店できた。まずはビールビール。小ジョッキ¥280は、ラーメン屋としてはいいチョイスじゃないだろうか。

餃子(¥190)
餃子(¥190)

続いて餃子。5個で¥190は好感が持てる値段。取り立てて美味くもなかったが。

ねぎチャーシュー麺(¥1,030)
ねぎチャーシュー麺(¥1,030)

そして本編は塩味のねぎチャーシュー麺(¥1,030)。麺固め / 味の濃さと脂の量はデフォルトで注文した。

麺:太目、やや縮れ。もっともちもちしてるべきなんじゃないだろうか。

スープ:とろりとするまで出た豚骨はコクがあって美味いが、かなりしょっぱい。味薄めオプションが必要だったか。

具:チャーシューは肩ロース。かなり柔らかく、こちらもしょっぱい。ねぎは景気よく入っている。ほうれん草はちょっとぐちゃっとした茹で過ぎ感がある。他に海苔1枚とウズラの玉子が入る。

店員がやたら不慣れで、注文を間違えたりできてから出されるまで時間があったりと不手際が目立った。我々が食べたラーメンもなんだかスープがぬるかったのは、オペレーションのせいだろうか。

どっちにしても大森は行動範囲のちょっと外だし、もう行くことはないだろう。残念でした。

味:【★★】千代作と比べなくても、イマイチ感がある。わざわざ行く気にはなれない。

値段:【★☆】この味だと高い。

店内:【★★】カウンタ+テーブルでごみごみした印象。灰皿はなかったように記憶している。

●壱六家 大森店 | ラーメンデータベース

http://ramendb.supleks.jp/shop/2202