會水庵 / しらすと焼いわしの親子どんぶり / 再訪

Mon, Dec 1, 2008 1-minute read

気がついたらもう12月。いろいろ気分の乱高下があったので、落ち着くためにうまいものを食べに行ってきた。我ながらその発想もどうかと思うが。

引き戸を開けたらちょうど波が去ったところらしく、カウンタ席は無人だった。思わず「まだいいですか?」と確認してしまう。

●しらすと焼いわしの親子どんぶり(¥1,200)

しらすと焼いわしの親子どんぶり(全景)
しらすと焼いわしの親子どんぶり(全景)

しらすは年明けから3月まで禁漁期間なので、その間はメニューから消えてしまうらしい。穴子にも焼鳥にも心惹かれるが、ここは意思を強く持って親子を選択。

小鉢は卯の花と豆腐(蕪の葉とじゃこの炒め物が乗っている)、味噌汁はまたしても撮影し損ねたが大根とわかめ。


どんぶり詳細
どんぶり詳細

たっぷりと乗ったしらすを噛みしめながら、なんとなく今年一年を振り返っていた。

仕事に関しては散々だったので、来年はもっといい仕事を「掴み取る」ために前に出ることを心がけよう。「外に出る」習慣が定着しつつあるのはいいことなので、来年も継続しよう。機嫌よく過ごすことはなかなかできなかったので、来年は改めよう。

…まだ1か月も残ってるのになんだかしんみりした気分になってしまった。


それにしてもここのランチはうまい。いつか夜のコースも食べに来るぞ。

●會水庵のホームページ

http://www.geocities.jp/kaisuian/

●前回:焼とりそぼろ丼

會水庵 / 焼とりそぼろ丼 / 再訪

●前々回:焼穴子玉子ふはふは

會水庵 / 焼穴子玉子ふはふは / 再訪

●前々々回:しらすと焼いわしの親子どんぶり

會水庵 / しらすと焼いわしの親子どんぶり