赤坂亭 / 居酒屋メニュー

Sat, Oct 13, 2007 1-minute read

ついにカテゴリ「アルコール」を追加しての飲み屋紹介。といっても金に糸目をつけなければ豪華絢爛酒池肉林も可能な赤坂なので、そういう記事を本気で書き出すと財布の破滅は明白。なので、このジャンルは大変ささやかなものになると思われる。

…というわけで初回にしてささやかさ最高潮の「赤坂亭」。飲み物食べ物すべて全品¥315均一という値段と朝までの営業時間から、深夜勤務のあとの始発待ちに最適。

07-10-13_04-04.jpg

●モツ煮込み

塩味でしっかりダシの出た汁が予想を上回る味。豆腐がごろっと入っているのでボリュームも十分。

07-10-13_04-24.jpg

●サンマの塩焼き

サイズはやや大きめ、脂の乗りは普通。きちんと食べたらおばちゃんに「若いのに魚の食べ方上手ねぇ」とほめられた。若くないのはこの際目をつぶり、ほめられたことを素直に喜ぼう。

07-10-13_05-12.jpg

●薄作りソースカツ

カミカツまでは薄くなく、肉を食べてる満足感もちゃんとある。仕事で消耗した心身には脂とソースが心地よい。夜中にこんなもん食べるからメタボ君が成長するってことはよく知っている。

価格設定の都合からか日本酒を出していないのが残念だが、気軽に入れてリーズナブルな上に味も悪くない。予想外の優良店ということでまた行くことにしよう。

味:値段を考えたら上出来。

★★★☆

値段:3品食べて2杯飲んで¥1,545。何か文句でも?

★★★★☆

店内:10席弱のカウンタとテーブルがいくつか、というごく普通の「町の居酒屋」。独りでも入りやすい。

★★☆

地図