池上線ガード下物語 / 炭火ホルモン焼

Sat, Feb 14, 2009 1-minute read

世間はバレンタインデーらしいが、そんなこと一向に気にしない我々は夕食に焼肉を選択した。「シルク・ド・ソレイユ」(音注意)の「コルテオ」(音注意)を見に行った帰り道、ずっと気になっていたホルモン焼きの店に行ってみた。

焼けるホルモンたち
焼けるホルモンたち

なかなかの人気店で予約しないと入れないらしいのだが、予約なしでふらっと行ったのにすぐ入れた。しかし来客が途絶えることはなかったし予約の電話も頻繁に入るし、繁盛店なのは間違いなさそうだ。次からはちゃんと予約することにしよう。

客数が多く店員が不足気味なので、頼んだものがなかなか出てこない。ずいぶん焦らすなぁ、とお通しのキャベツや先に出てきたキムチなどをつつきながら飲む。

塩ユッケ
塩ユッケ

最初に出てきたのは「塩ユッケ」。勢いよくかき混ぜて食べる。臭みはなく肉の甘さが楽しい。焼き物が楽しみだ。

タンスジ
タンスジ

プリミティブな七輪がどーんと出てきて焼き物開始。まずはタンスジ。分厚くて歯ごたえ十分。中野「山水苑」で食べて以来、普通の牛タンより好きになったかもしれない。

ハラミ
ハラミ

続いてハラミ。これも適度な歯ごたえでうまい。後ろに座っていた家族連れの会話が耳に入って吹いた。

子供:「おかーさーん、ハラミってなーにー?」

母親:「さっき食べた一番硬いヤツよ」

白いのは「トック」という棒状の餅。合間に焼いて食べるといい箸休めになる。

ホルモン5種盛り合わせ
ホルモン5種盛り合わせ

ホルモンは5種盛り合わせ。レバー以外は食べてみないとなにがなんだかわからない。食べてもよくわからないのだが、どれもこれもうまかった。

カッパハイ
カッパハイ

飲み物は生ビール→マッコリと来て、出すところが珍しい「カッパハイ」。新大久保の韓国料理屋で飲んで以来、久しぶりのご対面。見た目どおり、酎ハイにきゅうりの千切りが入っている。前回飲んだときは私はkwappaじゃなかったので意識しなかったが、これからは贔屓にしよう。

相当満腹まで飲み食いして2名で12Kほど。ヨメの職場が夏から大崎になる予定なので、また来る機会がありそうだ。

味:頼んだものはどれもみなうまかった。ホルモンは盛り合わせじゃないほうがよかったかも。

★★★☆

値段:妥当なところだろう。

★★★

店内:綺麗でも立派でもないが必要十分。上着を格納するロッカーと、帰りがけに使える消臭剤があるのはよい。出てくるのが遅いのが気になる。

★★☆

●焼肉ホルモン市場 池上線ガード下物語

http://r.tabelog.com/tokyo/A1316/A131604/13024527/