赤べこ / 小アジの南蛮漬け

Tue, Jun 17, 2008 1-minute read

職場から3番目に近い飲み屋に、ここ数ヶ月足しげく通っている。「近いから」という理由だけで選んだのが馴れ初めだが、刺身を中心に料理がなかなか美味い。関西弁の気さくなおばちゃん(「おねえさん」と呼びかけると対応が早い)と、長髪に作務衣のちょっと仙人っぽいおじちゃんが切り盛りしている、気取らない居酒屋だ。

紹介が長くなったが、そこのランチに初挑戦。

●小アジの南蛮漬け定食(¥750)

08-06-17_13-22.jpg

ここのランチの特徴は、とにかく出てくるのが早い。時間がかかる順に麺類>揚げ物>焼き物>煮物なのだが、南蛮漬けはもう漬かっているので当然一番早い。

お惣菜3品盛は全メニューにつくが、内容は日替わりどころか「皿替わり」。同僚と計5人で食べに行ったら、組み合わせは5品目3パターンだった。私のところに回ってきたのは「イカ大根煮」「ソラマメのオーロラソース」「マグロあら煮」。

08-06-17_13-23.jpg

身が厚くしっかりしたアジがカラッと揚がり、地味ながらバランスのいい漬け汁でしっとり仕上がっている。おかずは(おそらく)夜メニュー要員の一部もしくは残りなので、地味ながら手堅く美味い。ごはんと味噌汁はお代わり可能。食後にコーヒーがつく。

ありがちなフレーズだが「早くて美味くて安い」。おばちゃんおねえさんの顔を見てるとビール飲みたくなるんだが、それを我慢すれば気分のいいランチである。

味:地味だがレベル高いと思うんだけどどうだろう。

★★★☆

値段:¥750~¥800が中心価格帯。十分リーズナブル。

★★★☆

店内:「居酒屋」。慣れているので採点甘めだが、ランチ時は禁煙にして欲しいものだ。

★★☆

web

http://gourmet.yahoo.co.jp/0000643945/

地図