本丸 / ひつまぶし

Sat, May 2, 2009 1-minute read

前職のオフィスは神谷町にあり、半年ほど通った。ランチは弁当が多かったが、同僚と出かけることもある。その中でも特に楽しみだったのが、鰻。10分ほど歩くし行列してることも多いし、食べるためのハードルは低くない。それでも機会を見つけては通い、スタミナを補給していた。

それから2年とちょっと。その鰻屋とはすっかり縁遠くなってしまっていたが、この日はうろうろルートに赤坂→有楽町→麻布十番が組み込まれていた。ここに「新橋で鰻」を組み込み可能であると気がつけたことについて、自分を褒めてやりたい気分になった。

ああまた前置きがながい。ということでヨメを連れて新橋から歩くこと10分あまり。久々にやってきた「本丸」で、高級メニュー「ひつまぶし」を食べた。

●ひつまぶし(¥1,800)

ひつまぶし
ひつまぶし

あれ?値下がりしてる。以前(2006年10月)は¥2,200だったんだけど。サラダもついてなかったし。

おしながき
おしながき

現在のメニューはこんな感じ。記憶にある限りでは「信長丼」が¥950、「うな重」が¥1,200、とかだったんだけど…。値上がったり値下がったりしているようだ。

本体はこんな感じ。かなりみっしり鰻が敷き詰められている。テーブルには食べ方の説明が置いてある。

おひつ詳細
おひつ詳細
  1. よく混ぜてそのまま食べる
  2. ネギを載せて食べる
  3. わさびと薬味を載せて出汁をかけて食べる
第二形態
第二形態

ということで第二形態の「ネギ載せ」。タレもテーブルに備え付けてあるので、ネギをたっぷり載せても味が薄まって困るということはない。

最終形態
最終形態

最終形態のお茶漬け。薬味として刻み海苔・わさび・三つ葉がついてくる。タレに出汁をかけるのってどうなの?とも思うが、わさびと三つ葉が利いて意外なうまさ。

在職中はよくヨメに「鰻食った!」と言ってはうらやましがらせた記憶がある。やっと連れてくることができたので、借りをひとつ返したような気分。

場所は慈恵医大のすぐ近く。最寄り駅は新橋・神谷町・虎ノ門なのだが、いずれからも10分ほど歩くという不便な立地。それでも平日は行列してるので、人気の高さが伺える。鰻好きの方はお試しあれ。

味:うまい。この日は売り切れていたのだが、サイドメニューのとろろを頼むとさらにうまい。

★★★★

値段:この味なら決して高くはない。ひつまぶしは値下がりしたのでお勧め。

★★★☆

店内:人気店なのでランチタイムは相席上等。偶数人で来るとよい。13時までは禁煙。

●ての字

http://www.tenoji.co.jp/

地図